iso取得は放置せず常に最適化を目指し進歩しなくてはならない

スーツの男性

一度isoを取得すれば大丈夫?

今の企業はiso取得を行っているため、きちんと管理されたマニュアルのもと仕事をしている、と安易に想像するのは危険です。確かにiso取得を行うのは効率的なやり方ではありますが、今後ずっとその状況が続くわけではありません。
常に同じ状況で会社を運営することは不可能でしょう。何かしらの要因が折り重なって押し寄せることは多々ありますし、それによってマニュアルを変更しなければならない事態にも陥ります。そんな折、一度構築したisoばかりに頼っていると、時代に取り残されてしまいかねないのです。つまり、せっかくのiso取得が非効率的なやり方へと変わってしまうのです。
そうならないようにするためには、定期的にマニュアルを再構築することが大切です。iso取得したからといって、それが常に正しいわけではありません。いつでも変更できる柔軟性も、iso取得には必要なのです。それこそが、会社に発展に繋がる要因となるでしょう。
iso取得を一度取得しても、時間は流れていきます。数年経ってまだ同じマニュアルでも大丈夫だろう、と安心するのではなく、もう一度見直してみるか、という定期的な取り組みが大切なのです。これにさえ気を付けていれば、iso取得も上手く運べるでしょう。

内部監査を用いてiso取得の運用を

一度構築されたisoは、そのまま放置してはいけません。iso取得した後もマニュアルのことを考えて、常に最適化しましょう。いかにiso取得の運用を成功させられるか、その成功のカギを握っているのが内部監査システムです。
iso取得を成功させたからといって、すぐにその効果が現れるとは限りません。今まで行ってきたマニュアルとの違いに戸惑いも生まれるでしょうし、すぐに適合できるわけではありません。もしもどこかに綻びがあったり、無理があったりすれば適合させるための調整を行わなくてはなりません。そのためには、内部監査が必要です。iso取得後の会社のシステムを管理する人員を確保しなければならないのです。
また、iso取得すれば必ず効果が出るわけではありません。同じような内容でも会社によって効果が出る出ないは違いますし、本当に成功させたいなら常に動向をチェックし続けることが大切です。そうしないと、効果が出ていないのに効果が出ていると錯覚したまま導入し続ける事態に陥ります。
iso取得が正しく運用されているのか、チェックを怠らずに会社を盛り立てましょう。専門の部門を設けたり、内部監査して会社を管理することはとても大切です。

iso取得における審査機関の選び方

最近では国内でも海外製品が目立つようになりました。それと同時に、国内企業も海外進出が進んで、益々グローバル化が進んでいるように感じられます。そのグローバル化の一翼を担っているのがiso、国際標準規格で、企業側はこの規格に沿うことで自社製品が一定水準以上であることを示す材料とすることができます。
けれども、その規格に沿ったからといって、無断でiso規格に適用していると示して良いわけではありません。必ず適切な審査機関から審査を受け、認証を受けなければならないのです。確かに、iso取得は強い武器となりますが、審査のハードルは低いとは言えず、あるいは審査に行き着くまでに挫折してしまうというケースも中にはあります。
iso取得の最初の壁は、審査機関を選ぶことです。isoの認証機関というのは、一つに定められておらず、審査を受けるには複数ある審査機関の中から選ぶ必要があります。審査の内容も少しずつ異なっており、適切な審査機関を選ぶことがiso取得の近道と言われるほどです。
では、どのように選んでいけば良いのでしょうか。まず初めに確認しておくべきことは、その審査機関自体がisoから認証を受けているかどうかです。ごく稀に認証を受けていない、審査機関を謳う団体も存在します。まずはこの点を確認することが大切です。そして、その審査機関が取得したいisoの審査に対応しているかを確認しながら検討していきましょう。

イチオシ

電話する女性

iso取得における現場とのやり取り

iso要求事項を満たし、かつ新たに策定されたマニュアルに沿って業務や作業が進められているかどう…

MORE ▶

握手

iso9001の認証取得迄の流れ

isoとは、internationalOrganizationforStandardizati…

MORE ▶

電話する男性

iso取得の審査でのポイントは?

isoの取得には、審査が必要です。審査を受けて初めてisoを取得したことになるわけですが、この…

MORE ▶

ネクタイを結ぶ男性

iso取得のメリットとデメリット

最近は何かとisoという言葉を耳にするようになりました。スマートフォンを初め、海外製品が目立っ…

MORE ▶